Powered by Six Apart

« LA1135ラジオ。続 | メイン | 基板手配の忘備禄:2019年 春。 »

2019年1月 1日 (火)

感度比較(再生式 vs レフレックス式)

npoラジオ少年さんから漏れ聞こえたきたが、真空管ラジオを製作する方が激減しているらしい。

ラジオ少年ならば「再生式ラジオとレフレックスラジオとの感度優位」に関心があるだろう、、と。

2011年11月5日の記事再掲.

**************************

再生式単球 1RW-DX改(6EH8)と、

単球レフレックス(6GH8)の感度比較をしました。

電源トランス、アンテナコイル、バリコンは同じですので

比較するには、よい題材ですね。

1RW-DX改↓

06

単球レフレックス6GH8↓

07

バルボルで1レンジ分違います。

TOP PAGE

ここまで再掲。

*********

上記のような基礎実験は右欄の基礎実験のまとめにて2012年から公開済み。→ ここ

・雑誌にも「再生式によるゲイン増は10dB」と明示されている。実際にオイラが計測しても、「グリッド検波⇒低周波増幅」と比較しても10dB増だけで15dB増には届かない。

・レフレックスだと、検波前段に「高周波増幅分のゲイン18dB~30dB程度」が載ってくる。球種によるモー値が異なるので6EW6は非常に増幅度が高い。6EW6で28~30dB取れる。

次にレフレックスに再生式を組み込んだ単球真空管ラジオ(6GH8で自作)を挙げておく。


YouTube: 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34164453

感度比較(再生式 vs レフレックス式)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ