Powered by Six Apart

« ハズキルーペ 考: 天眼鏡 | メイン | ラジオもの進捗 »

2019年1月20日 (日)

受信部のOSCはできた。:超再生式 ハンドトーキー

**********************

先日のAM 小型トランシーバー基板の続です。

「FCZコイル ⇒ 空芯コイル」にしてみた。 

dip meterでは50MHz近傍に共振点があることを確認している。

049_2

1、 OSC波形が出てきた。 細かいのが重畳しているので、その周波数を確認してみる。

050

2, 時間軸を触る。

051

3,

もう一度触る。

052

4,

もひとつ触る。100MHz超えているようだ。120~150MHzのどこかの周波数らしい。これを正確に見に行くには1GHzか2.5GHzのオシロが必要になる。 あのコイル長で100MHz超えは考え難いので、2次あるいは3次が強い可能性もある。その辺りはおいおいと確認する。

048

5,

FCZコイルを剥がした痕。

047

まとめ。

OSCしてきたので、コイルを伸縮させてみよう。 その後正規に配置して周波数の合わせになる。

********************

追記

通電状態のこの基板にfmラジオを近づけると、全域でノイズが確認できた。現状に同調Cを追加するとOSC止まる。

アイテンドで販売中のボビン型コイルにすると、発振が不安になり、止まりがちなことも確認した。Qの高いコイルが必要だと理解した。

方向性は分かった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34166747

受信部のOSCはできた。:超再生式 ハンドトーキーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ