Powered by Six Apart

« 50MHz用DSB トーキー基板の作動確認 ①。 | メイン | イコライザー付きマイクコンプレッサー 基板の完成。 »

2018年10月21日 (日)

ST管スーパーラジオの製作 その2。残留ノイズは0.5mVより小さい。

松下電器の真空管ラジオでsp端をVTVMで観測すると3mVから6mVほどのノイズ(ハム音)を確認できる。

オイラの自作ラジオは 0.5mVほどの値なのでメーカーよりも随分低い。およそ5分の1、或いは10分の1になる。これは12dB~20dB SNが良いことになる。

041

ハム音の小さいラジオにするための工夫は、写真参照。オイラはどこにでも居る田舎のおっさんだ。

042

0.5mVよりも小さいノイズ。

043

通算265作目。

Ans01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34148544

ST管スーパーラジオの製作 その2。残留ノイズは0.5mVより小さい。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ