Powered by Six Apart

« スマホを音源にして真空管ラジオの外部入力で鳴らしたい。⇒ はい、鳴ります。 | メイン | トーンコントール付き 真空管ラジオの進捗。 »

2018年10月11日 (木)

NE612式 455kHzマーカー製作の試作 (セラロック発振器)

******************************

「NE612式 455kcのマーカー」 を製作してみた。 オールトランジスタの455マーカーはすでに基板化されている。

OSC回路学習にはトランジスタ式が良いが、トランジスタ式の次のステップにNE612を持ってきた。価格は500~1000円(サトー電気)で取り扱われている。

012

◇トーン用低周波のoscは、twin-t型にしてみた。 この程度のosc強さ。

010

455.0kHzでosc中。

011

NE612でOSCさせると 30PFトリマーでは足らずに、背面で56PFがパラつけされている。トリマーでの可変量は1kHzほどだ。

ZTB455 + (47PF +22PF) で454.5kHz程度になる。 最初からC=68PFで決め打ちしても455±1には納まる。

プロト基板での確認okなので、 表面に56pfを配置するように訂正して、本手配する。

インダクターは 手元にあったアキシャル型5.6mH。 4.7~10mHであれば支障ない。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34147198

NE612式 455kHzマーカー製作の試作 (セラロック発振器)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ