Powered by Six Apart

« 村田製作所のフィルター CFWLB455。 LA1247基板は プロダクト検波 対応。 | メイン | NE612でのオーバートーン回路。本基板で50MHz帯で発振にトライ。 »

2018年8月31日 (金)

ツートーン信号発生 基板 。  乗算回路と加算回路の学習に、、。

先日の乗算回路学習の続である。

2つの周波数のAF信号を ① 加算回路 あるいは ②乗算回路 で出力させる基板を興した。

乗算回路にはNE612を採用した。

目的は回路学習 と NE612の選別基板。 NE612は外部抵抗で動作点調整を行なえないので 時々 波形が綺麗でないものに遭遇する。 割合にWEB上でそれが見つかる。

低周波発振は 「twin-t発振回路」と「移相発振回路」をそれぞれ載せているので、CRを変化させて波形の変化具合を学んでもよい。

乗算による出力。

402

NE612の1番PIN,2番PINに程よく信号をいれた波形。

401

****

強めにいれるとこうなる。

403

 ◇

加算による出力

404

405

******************

上記のように 乗算と加算では波形が違う。

Freq1 =350Hz ネライ

Freq2 =2.35kHz ネライにしてある。

基板ナンバー RK-24 になる。

406

Tone01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34142035

ツートーン信号発生 基板 。  乗算回路と加算回路の学習に、、。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ