Powered by Six Apart

« ツートーン信号発生 基板 。  乗算回路と加算回路の学習に、、。 | メイン | 自作 50MHz AM/SSB 自励式レシーバー 基板に通電中。TDA1572 その2. »

2018年9月 1日 (土)

NE612でのオーバートーン回路。本基板で50MHz帯で発振にトライ。

NE612使用のオーバートーン回路の続になる。

066_2

先日は、バラックで首尾よく作動したのでそのままの値で基板化した。

001

C値はまったくダメである。基板のC成分を受けていて 波形が安定しない。

002

003

回路図中の82PF⇒10PFにして何とかオーバートーン作動するが波形が安定しない。 100Hzずれるとダメでしょう。

もともと TDA1572のプロダクト検波作動確認(50MHz)を行いたいので、 興した基板だ。

NE612でのオーバートーン作動は苦しいものがある。 トラジスタでOSCさせたこれならば簡単だ。NE612は基本波OSC専用として、オーバートーンでは外部OSCにするのが賢明のようだ。

さらに実験を進めたので、後日UP.

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34142148

NE612でのオーバートーン回路。本基板で50MHz帯で発振にトライ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ