Powered by Six Apart

« 「8次ローパス フィルター MAX295」と NE612のダイレクトコンバージョン基板。NE612の発振確認した。 | メイン | Sメーター回路内蔵ICを使った AM/SSB 2モード 受信基板を興してみた。② »

2018年7月14日 (土)

Sメーター回路内蔵ICを使った AM/SSB 2モード 受信基板を興してみた。①

小型サイズのSSB/AM 受信基板を2019年に興しました。RK-63です。

7MHz感度は-6dBV(0.5μv )信号もRS44で聞こえますのでメーカー並みです。感度が出過ぎるので感度を落として使用ください。

Rk63005

Rk63002

**dsb発生器からの信号で作動確認中

Rk63031

********************************

以下、RK-25の製作記事

50MHz AM受信機基板(基板ナンバー RK-20)ではAM レシーバーICのTDA1072をつかった。市販のレシーバーICでは60MHzでの作動がデータシートに記載されているレアなケースだ。実測68MHzまでは確認済みだが、80MHzも作動すると想う。TDA1072は感度良いICなので50MHz帯向きだ。

そのAMレシーバーICシリーズで、2nd IFTを配置できるタイプにTDA1572がある。 DIP品はやや高価なので フラットパケージ品にしてみた。型式はTDA1572Tになる。 もともとTA7613が28MHzあたりから苦しいので50MHzでも楽作動するTDA1572(TDA1072)にしてみた。

ICは国内shopにはないようだが、ebayにて廉価で入手できる。

 

回路 :TA7613基板をTA7613⇒TDA1572にしたもの。

AMもSSBも受信できるのはTA7613基板と同じ。 Sメーター回路はこのICに内蔵されている(TDA1072と同様)。

048

ボボボとIFが帰還発振中。,,と 実装したコンデンサー容量を間違えていた。

049

データシートではIF=460kHzなので、フィルターは460タイプがよい。 icの吸い込みとしては470タイプがよい。

まあ、これが作動すれば田舎のおっさん製作のラジオ基板としては 最上位の機能になる。フィルターはSFU465にしてある。使うセラミックフィルタは入手性との相談になる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34136018

Sメーター回路内蔵ICを使った AM/SSB 2モード 受信基板を興してみた。①を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ