Powered by Six Apart

« 3.5MHz帯TA7613(SSB/AM)のラジオに455KHzセラミックフィルターを載せてみよう。 | メイン | 「ダイレクトコンバージョン受信機」の作動確認道具を基板化した。プロダクト検波向け。 »

2018年5月29日 (火)

53.4MHz AM で受信調整。 TDA1072を使った50MHz帯AM受信機の自作。

*******************************

昨日UPしたように、3.5MHz~4MHzのAM/SSB ラジオ基板は、セラミックフィルターを載せたパターンにして手配した。 「AM,SSBともに聴こえるラジオ基板」+「MC1496 エキサイター基板」で、一応rigぽくなる。stand-by回路は別途必要だ。

◇116MHzを受信していた基板だが、オイラが間違えて抵抗を後つけしていたことが原因だった。

oscは50MHzになった。

141

◇ この65MHzあたりまでOSC出来た。データシート通りに60MHz超えした。

143

写真のようにコア無しでこの周波数だから、80MHz用の方が具合よい可能性が高い。

基板からのCも含めて上記写真の周波数にてOSC中。

142

◇◇

(S+N)/N=10dBとなるSSG値。 プリアンプ無しでこの値。UHF用トランジスタでプリアンプを構成したほうが良いかなあ、、。

現状はFETの1段RF回路。

144

◇◇

プリアンプをつけるとほぼ終了になる。 ケースを探そう。

145

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34128389

53.4MHz AM で受信調整。 TDA1072を使った50MHz帯AM受信機の自作。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ