Powered by Six Apart

« 2極管検波をグリッド検波にすると、性能向上にはなる? or 為らない? | メイン | 整流リップルについて (再掲)。平滑回路の出口に於いてのリップル率。 »

2018年5月 9日 (水)

三菱のIIL M54821Pを使った周波数カウンターの 表示改善(案2)

*********************************

5LED 表示器の続きです。

先ず、一番最初はこの表示。 余計な処も発光していた。

P1010006

前回の表示はこのくらい。 点かなくてよい処も薄っすらと点灯していた。

046

◇◇

今回はもう1個ICを追加した。

042

041

◇効果はあるのか?

まず64.455MHz。  VHF用プリスケーラなしでここまで計測できる。6m用には良さそうだ。

043

045

044

余計な処は点灯しなくなった。点灯系対策はこれでよいようだ。

ある意味で時代遅れのIILを採用しているが、むしろそれによって習得する技術もある。今回はそれをひとつ得た。

◇電波ノイズは3dBほど弱くなったが決定打ではない。 

とりわけ540KHz近傍で強く聴こえる。組み込み用とするならばシールドケースは必須な状態。LED面からとりわけ強く飛んでいるのを確認できた。

今年いっぱいかかるように想う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34125552

三菱のIIL M54821Pを使った周波数カウンターの 表示改善(案2)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ