Powered by Six Apart

« 7MHzダイレクトコンバージョン受信機(TA7320P)。訂正基板の作動OK。  | メイン | 実習④ NJM2073を使う受信機の製作。SANYO LA1600。ノイズ考 »

2017年12月19日 (火)

SSM2166  マイクコンプレッサー基板。製作写真のご紹介。

****************************************

基板が完成し領布開始をここでお伝えしたコンプレッサー基板がある。

5名のお方に領布済み。制作写真が届いたのでご紹介したい。

Download

「自分の声を入れて、出力をイヤホンにて聞くとコンプレッションが判る」と連絡を頂いた。「眠っていたICを評価できた」と喜んでおられた。信号を入れるとSSM2166から0.1V近くは出てくるのでイヤホンをドライブするには足りるだろう。

オイラは、「イヤホンでモニターする発想は無かった」ので、「眼から鱗」状態だ。測定器でコンプレッション具合を確認していたが、モニタリングの術があったんだなあ、、と。

*******************************

もう少しだけ基板は手元にある。

002

P1010009

出品中の商品はこちら

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34098223

SSM2166  マイクコンプレッサー基板。製作写真のご紹介。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ