Powered by Six Apart

« 「ネクストエナジー 295W」と太陽光発電。 電圧降下計算書。評判。 | メイン | LEDラジオカウンター用、電源基板です3. eagle cad。 »

2017年7月 4日 (火)

ロードセル シングルポイント(ビーム型)とは

Q2d

**********************************

秋月を眺めていたら、ロードセル (ビーム型)の取り扱いを始めたようだ。

通常は機械工具商から仕入れるルートになるが、電子部品屋で取り合うほど市場拡大しているようだ。

ロードセルを選ぶポイントは、 「歪ゲージの貼り付け位置」と「歪ゲージのメーカー」。まあこれも製造元と親密になれば入手できる情報である。そのためにはそれなりの数量と金額で何回か購入すれば良い。

◇「実測特性データ」がついていないとPLC側での補正ができないのは当然だ。日本の度量衡制度上決められている測定精度をよく噛みしめた上で使うことを推奨する。

◇歪ゲージのメーカーWEBもみておくと参考になることが多い。「廉価で高性能」は無い分野ゆえに、値段なりの性能にはなる。

◇「計測用はもっと価格が高い。」と付け加えておく。

と、50個ほどロードセルを使ったおっさんは云う。

TEACの表示器が使いやすいと思うよ。経験上、これが国産では一番だと想う。

ソナーでの潜水艦型式解析等は、、、、。

それに空爆機からの高速カメラ撮像は、、、メーカーは◇◇が良い。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34069947

ロードセル シングルポイント(ビーム型)とはを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ