Powered by Six Apart

« LEDラジオカウンター用、電源基板です2. eagle cad。 | メイン | AM/FMラジオ用LED表示器(実装完成品)。祐徳電子さんから販売されました。 »

2017年7月 3日 (月)

in-take amp回路. eagle cadで書こう。スマホを音源として真空管ラジオ(aux入力)を鳴らす。

********************************

一昨日の土曜日にJH4ABZ氏の掲示板に載せたのが、「1石+3極管」のトランジスタ部。

信号はできるだけ真空管を経由させてあげたいとオイラは思っている。レイアウトが許せばトランジスタでなく真空管で信号を受けたい。

024

スマホからの信号で真空管ラジオ(aux)を鳴らそう。

さて、メーカー製ラジオに球追加は非常に困難である。その場合にはこの回路だ。このサイズならメーカー製ラジオに潜り込ませることもできるだろう。 電源回路は先のこれを使う。

電源基板は、リップル的にはOK。消費電流的にも4mA程度なので負荷と呼ぶほどには大きくない。

「負の負荷」との造語で連絡してきた会社を思い出した。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34069764

in-take amp回路. eagle cadで書こう。スマホを音源として真空管ラジオ(aux入力)を鳴らす。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ