Powered by Six Apart

« 無償版eagle cad 。結線コマンド数の制限。 | メイン | 標準信号発生器にテストループで調整。ST管スーパー。 »

2017年4月28日 (金)

ST管のO-V-2。デジタルで受信周波数表示成功。

先日QSYしていったST管のO-V-2です。

034

受信周波数をLED表示させて上手に作動しているようです。

web master殿お見事です。

Img_1424

と デジタル表示させるのに技術上の困難は無い。

着手すれば皆できるだろう。このLED基板はここで領布中です。

**********************************

以下、ラジオを自作される方向けの情報です。部品レイアウトのノウハウを知らない、つまり修理経験しかないお方には理解しえないスキルの世界です。

web master殿は段間トランスで苦労しているようだが、さてどうしてだろう?。問題ではなく解決すべき課題だろうと、、。

オイラの1-V-2. 2016年6月に製作した

063

同じ配置だが、普通に聴こえてくる。放送局から電波が弱いのでラジカセではまったくam放送が受信できないエリアにオイラは住んでいる。その環境でここまで聴こえればよいだろう。

web master殿との違いは「実装者が異なる」ことだろう。 

+Bのリップルがオイラのより大きいのはどうしてだろう?  SP端の値も大きいなあ、、、、。

オイラの1-v-2を実測してみた。平滑回路の出口でのオシロ波形をあげておく。

098

095

096

◇シリコンブリッジ整流なので、1秒間に120回上下する波形が平滑回路出口でのリップルだ。120回見えますか?

バーとバー間で概ね1秒になる。

097

1目盛2mVレンジで7回見えるのは7Hz?の波形。こんな低域はどこから来るのか? 120回の波形は細かいやつだ。まあ1mVもリップルしていない。あえて数字を読むなら0.5とか0.6mVになるだろう。

web masterのは 妙に大きいな。どうしてだろう?

オイラが「+Bは200mV以下ならなんとかなる」とはあえてハードルを下げて申しているだけで、オイラが実装すると3mVとか1mVとかにここ2年ほどはそう為る。上の写真のように120回見えるリップルは1mVあるかないかだ。


YouTube: ベストな再生点


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

再生式ラジオの受信周波数をデジタル表示させたものは、オイラはまだ3台製作しただけだ。


YouTube: RADIO COUNTER

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34057783

ST管のO-V-2。デジタルで受信周波数表示成功。を参照しているブログ:

コメント

お世話になっております。

なるほど〜
まず、平滑回路出口からリップルレベルと波形が全然違いますね!

やっぱ何か私がヘッポコな事やらかしているのかもです。

こりゃ次回実家に行った時に、電源回路を最初からやり直しですね。
まず、同じ電源トランスを入手してブリッジ整流してみる事から始めてみます。

まずはそこをクリアしてからでないと、段間トランスの件は何とも言えないですね。

おはようございます。
 波形がちがうのでどうしてだろう?と思案中です。
 段間トランスの処もオシロで診てください。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ