Powered by Six Apart

« 3端子レギュレータの実力を波形で確認。整流リップルは減少するか? | メイン | SANYO display IC for am/fm radio. »

2017年2月19日 (日)

電源ライン重畳ノイズが0.01mV程度と「微小漏れのLED周波数表示器」。マジックアイは6BR5。

37024b1ec32d48d3a51ffc898560a184

 

*********************************

GT管のBC帯ラジオでは17号機になる。

3端子レギュレー起因の「電波ノイズ」と「電源ライン進入ノイズ」を先日から確認してきた

往時、電波ノイズには参った記憶があるね。

また整流リップルの除去能力とカタログデータとの乖離も確認してきた。

さて本ラジオでは、電源ライン進入(重畳)ノイズが0.01mV程度と極小漏れのLED表示器を載せてみた。

周波数も正しく表示されている。

066

右の4連LED表示器はダイナミック点灯(100Hz). ダイナミック点灯方式の表示器をお使いならば下1桁がチラチラする傾向になることは知っておいでだろう。

今回は「チラツキ無し・乾電池レス」のコンセプトで製作してみた。

★アジックアイは、6BR5(6E1P 露西亜)を載せてみた。

067

あちこちの画像でUPされているほどは緑色ではないね。

6E2(中国製)よりも動作レンジが広いようだ。信号が入ると開く。

下の写真は入力信号が無い状態だ。

068

069

外部入力で確認。

065

★SP端でVRを絞ってのVTVM値(残留ノイズ)は0.3mVと従来同様にgoodだ。

070

071

LED表示器を乾電池レス化できた。3端子レギュレータの型式によってはノイズ進入するので、充分に確認すること。酷いものは電波ノイズも飛ばしてくる(既報)

本ラジオには、ノイズに為らない3端子レギュレータを搭載しているので受信音には影響が全くない。

ダイナミック点灯方式ではないので、写真にもよく映る。やはり常時点灯式LEDは見ていても良い。

6SA7,6SK7,6SD7,6SQ7,6V6そして6E1Pの構成。

デジタルで受信周波数を表示するには、ここ列記のように幾つか手立てがある。

****************************

以上、第212作目

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34039216

電源ライン重畳ノイズが0.01mV程度と「微小漏れのLED周波数表示器」。マジックアイは6BR5。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ