Powered by Six Apart

« 太陽光発電の日本における第一人者 | メイン | 5球スーパーの受信感度を上げる。 »

2016年9月10日 (土)

G管6K7を使おう その4。真空管ラジオでデジタル表示。IFTの調整。

Large_168220_2

***********************************

続きです

①通電した。

second handのパワートランスに初通電時はいつもどきどきする。

パワートランスから煙も出ずに、セーフだった。

010

IFTの455Khzあわせは、ssgなどの信号源を使う。必ず電波で飛ばしてあわせる。「電波で飛ばしてあわせたIFTコア角度」と「有線のC結合であわせたIFTコア角度」が同じになるかどうかは、経験者なら知っている。

写真のように、例えば612kHzの信号をテストループで飛ばして、IFTを合わせる。デジタル表示なのでIFTあわせは割合に簡単だが、時系列でIFTの同調点が揺らぐ。熱により真空管の内部Cが微妙に揺らぐようだ。その揺らぎ具合も加味して合わせるには4~5日間は5時間程度通電して傾向を看ることが基本になる。

バーアンテナのトラッキングは粗に留めて、明日は短波のOSCコイルを巻こう。

②VRを絞ってのSP端の残留ノイズを確認する。 いわゆる残留ノイズになる。

真空管ラジオ製作者で、この数値を測るのはオイラぐらいのようだ。「測定器を持っていても計測せずに終了」はまま見かける。

011

上記のように0.7mVくらいだ。 IF2段でこの数値。IF1段の5球スーパーならば0.4mV程度にならないと下手の部類になってしまう。

前作のGT管レフレックスラジオは0.1mV以下でaudio並になった。メタル管だからね。

高周波部の増幅度が小さいと数値はいたって低い。

**************************************

①このデジタル表示器の情報は、ここ

②入手できるデジタル表示器 一覧。 計3種類

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33933719

G管6K7を使おう その4。真空管ラジオでデジタル表示。IFTの調整。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ