Powered by Six Apart

« GT管でレフレックスラジオをつくろう その2。残留ノイズは0.1mVより小さい。 | メイン | 双2極真空管6H6を使ったラジオをつくろう。 その2 »

2016年8月16日 (火)

アルプス電気のロータリーSW

*****************************************

ST管で1回まとめたが、GT管に変更した。

もちろん部品を剥がして、アース母線の張りなおし。

031

032

外部入力の切り替えSWは背面にした。

常用の「アルプス電気のロータリーSW」は製造終了した。流通在庫もごく僅かだ。後継モデルはローレットタイプだ。

033

このパワートランスのヒーター容量が6.3v 1.2A、 5V 0.5Aと小さい。

ヒーター0.15Aの6SS7を2本使うと何とか成立するが、パワートランスを換装したい。鉄シャーシなので ヤスリ掛けに躊躇している。

2016年9月1日追記

マルツで再び販売が始まった。う~ん、アルプスのhpには掲載がない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33911155

アルプス電気のロータリーSWを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ