Powered by Six Apart

« 真空管ラジオキットを考える。 | メイン | 平滑回路のCOLD側とブーン音。いわゆるハム音。 »

2016年8月 7日 (日)

2極管の検波能率

**********************************

過去記事で2極管の検波能率は専用検波管が 2極3極の複合管より能率が高いことは触れた。

能率では、6H6>6SQ7

ミニチュア管ならば6AL5>6AV6

ということだ。 詳しい数字は古書にある。著作権があるのでWEB上には間違っても上げられない。極々1部分ならOKの場合もある。それゆえ古書を手に入れて読むようにとオイラは申している。

ゼンリンの地図を写真で取ることも著作権上抵触することは知っているだろう。(つい先日も、知人が公図をゼンリン地図で確認し、写真取ろうとしたら市役所所員に駄目だと言われた)

安易に書籍内容を丸ごとUPするのは著作権上アウトだろう。著作者の没後50年は経過していないだろう。 終戦時に50才でも没後50年はまだ経過してない だろう。ということでラジオ系の書籍の内容をUPしたものが検索エンジンで引っ掛かるが、日本の著作権をどうクリアして相互間の承諾文書を交わしたのかが気にな る。

著作権の期間

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33903967

2極管の検波能率を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ