Powered by Six Apart

« ST管5球ラジオの修理(メンテナンス) 。 C同調 パワートランス載せた。 | メイン | ST管5球ラジオの修理(メンテナンス) 。 C同調 ウッドケースに入れた。 »

2016年7月 2日 (土)

ST管5球ラジオの修理(メンテナンス) 。 C同調  SGにて調整

安倍先生が宣戦布告したのが2015年1月のこと。 たかだか18ケ月前のことを忘れているなら確実に健忘症です。憲法9条を無視して開戦宣戦したのは事実です。日本経済新聞2015年2月3日版によれば「日本人に指一本触れさせない」と報道されています

彼らは布告されたので日本を攻撃してきましたね。 仕掛けたのは日本のtop. 2億ドルのカネも出すし口も出しました。(ご存知のように、「戦う」宣言したのは日本の安倍先生です)

欧州では半年前から渡航注意だったんですが、日本国はgo,go状態だったので日本の上級国民様はナニを考えていたんでしょうかね。知りませんでしたなら子供の言い訳ですな。

----------------------------------------------------------------------------------------
何十万キロ?離れてる日本人お前たちが何故我々の戦いに干渉する?日本人も我々の的になったアホが!

って動画流してたね。上記のように 向こう側には開戦する意志は皆無でしたが、仕掛けたのは日本国の安倍先生です。これは事実です。

--------------------------------------------------------------------------------------

情報を正確に報道しないのは、日本のジャナーリズムの戦前から十八番です。

*****************************

通電しました。

001

C同調のIF2段式。IFTの取り付け向きは、刻印を信じないこと。IFT ルール

当初のバリコンはでかくて6Z-P1とのクリアランスが3mmしかなかったのでバリコンは変更した。

002

う~ん、MATUSITA のVRが3ケ処でガサっと為るので、改めてあけてみよう。

トラッキング済み。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33872767

ST管5球ラジオの修理(メンテナンス) 。 C同調  SGにて調整を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ