Powered by Six Apart

« ST管5球ラジオの修理(メンテナンス) 。シャーシはOSAKA WADA 。 C同調 | メイン | ST管5球ラジオの修理(メンテナンス) 。 C同調  SGにて調整 »

2016年6月30日 (木)

ST管5球ラジオの修理(メンテナンス) 。 C同調 パワートランス載せた。

アベノミクスの大先生が37兆円を溶かして、どうも世界記録らしい。

すごいですね。下人のオイラには無理。上級国民様の年金だけは溶けていませんのでご安心ください。

**********************************

102

パワートランスを載せた。小振りだが5球スーパー用。熱くならないよう上手に使おう。

101

低抵抗の多段式平滑回路。ブーン音(ハム音)を下げるには平滑回路の段数の支配性が強い。

パワートランス式ラジオなら3段。トランレスラジオなら3~4段必要。

2nd IFのSG電圧は だいたい20~30V程度になり軽めの動作が多いので、2nd IFのヒーターは5Vにして軽めの動作をさせる。文字列にするのは初めてだが、それをここ1年ほど写真ではUPしてきたので 気ついているかたも多いはずだ。「教えて君」は文字には反応するが、実装写真には無頓着なのでオイラは助かる。

OSCコイルは高一の検波用がついていた。勿体ない気配だ。

アンテナコイルはこれについてきたソレノイド式にしようと想う。ともにSTAR製だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33870971

ST管5球ラジオの修理(メンテナンス) 。 C同調 パワートランス載せた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ