Powered by Six Apart

« 真空管再生式ラジオを作ってみよう。 ①シャーシ加工 | メイン | 真空管再生式ラジオを作ってみよう。 ③SG電圧で再生具合のコントロール »

2016年6月 4日 (土)

真空管再生式ラジオを作ってみよう。 ②平滑回路

 

3_580_801

***************************

①シャーシ加工の続きです。

021

3球なので余裕多々。

022

平滑回路は低い抵抗値の3段。10段程度まで実験したがラジオは3段で充分。 SP端での残留ノイズは0.5mV~1mVに収まる。抵抗値は330Ωを3個。電解コンデンサーは4.7μFに33μFを3個。 

半導体式リップルフィルターはツェナーを使っているのでラジオの雑音源になる傾向が高い。(ホワイトノイズ発生器のノイズ源は半導体を使う).リップルフィルターはさほどリップル除去しないことが実験で確認されている。CR式だとTR式リップルフィルターより一桁以上リップルが小さくなる。

基本実験は2011~2012にそこそこ行なっているので、興味があれば往時の記事を参照。

023

外部入力をつけた。AUXはオックスと読むこと。外人さんお発音のようにオックス。

「音源から6Z-P1を鳴らして、聞き飽きたら再生式ラジオを聴く」コンセプト。

続きます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33846555

真空管再生式ラジオを作ってみよう。 ②平滑回路を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ