Powered by Six Apart

« ST管ラジオの電源トランスは、阪急電機製作所。 その1 | メイン | ST管ラジオの電源トランスは、阪急電機製作所。 その3 »

2016年5月15日 (日)

ST管ラジオの電源トランスは、阪急電機製作所。 その2

******************************

キャビネットキットの続きです

066

067

上の写真のように電源トランス容量が判る情報がない。平滑回路の段数は増やせるように備えておく。 電源トランスの大きさからすれば余裕があるように見えない。それゆえ平滑回路の抵抗で貴重なエネルギーを持っていかれないように抵抗値は軽め。

068

IFTケースは軽く塗装。

069

VRは開けて整備予定。

問題は、木箱には穴が3個。

①案

 電源+VR(aux切替)+周波数合わせ の3穴

②案

 電源(VRも)+ 中波/短波 切替  +周波数合わせ の3穴

要は短波をとるか? AUXを取るか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33827173

ST管ラジオの電源トランスは、阪急電機製作所。 その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ