Powered by Six Apart

« デジタル時計キットをつくろう   祐徳電子キット | メイン | ST管ラジオの電源トランスは、阪急電機製作所。 その2 »

2016年5月15日 (日)

ST管ラジオの電源トランスは、阪急電機製作所。 その1

フォアーランドのFR-605キット(未組み立て)がYAHOOに出ている

結構感度よいキット品。

****************************

キャビネットキット品を手に入れた。

UZ-42が載っている。

061

電源トランスは、阪急電機製作所。UZ-42を載せるには小振りだが、、、6Z-P1でなんとかなるかな?

IFTは松下。

062

エスカッション上でのダイアル指針の移動量に195mm必要だが、プーリー径が5mmほど不足しているぽい。

063

現JISのM3ネジが1本使われていた。 何方かかがメンテナンス済みだね。

064

エスカッションは短波・中波。 ウッドケースのツマミ用あなは3個。

外部入力を無くせば2バンド対応にはなる。6WC5用OSCコイルは6BE6用とタップ点が違うので中波ではなんとかなっても短波用は自作する工夫が必要。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33826591

ST管ラジオの電源トランスは、阪急電機製作所。 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ