Powered by Six Apart

« 「なんちゃってマジックアイ」が眩い。    LED式マジックアイ | メイン | つまみ軸の延長  真空管ラジオ。延長シャフト。 »

2016年5月28日 (土)

ST管ラジオ球の通電確認

アベノミクスの「リーマン級、、、」発言が 世界中から失笑されていることがようやく日本語メディアでも報道された。 概ね2日間以上遅い報道だね。 真実を迅速に伝えない報道機関なんぞ、このご時世じゃ役たたずじゃ。

米国は金利を上げようしているに、日本国はマイナス金利。

さて、3年連続でGDPがマイナスの国名はなんという国でしょうか?

************************************

ST管ラジオ球の良し悪い確認は、C同調ラジオを用いている。

C同調IFTをST管に採用するとやや苦労点はある。

121

今日は、ゆっくりとごげてしまった。

122

123

平滑回路の抵抗がゆっくりと焦げた。

124

平滑回路の終段抵抗が断したので、+Bの放電用抵抗が役立たず。 テスターをつないで放電中。

この6D6を挿して通電したら、こんがりした抵抗が出来たぜ。

125

この6D6は このラジオから薄い煙が出たので、5球抜いてひとつひとつ確認作業中だった奴だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33839247

ST管ラジオ球の通電確認を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ