Powered by Six Apart

« リアクタンス管によるFM変調 | メイン | 祐徳電子さんの4バンドラジオキット(FM,MW,短波1,短波2) KIT-006D   製作完 »

2016年2月14日 (日)

祐徳電子さんの4バンドラジオキット(FM,MW,短波1,短波2)購入した。 KIT-006D   製作中

 

 

4b04b39b36300

 

W600h600r16888_2

14d9de441150000074cf

ドル建て東証TOPIXを5年前と比較した
・2011年2月10日 東証TOPIX 946.63 $83.43円   TOPIX/ドル 11.34 菅直人内閣  
・2016年2月12日 東証TOPIX 1.196.28 $112.42円   TOPIX/ドル 10.64 安倍晋三内閣
今日のドル建てTOPIX
11.34(菅政権)>>10.64(安倍政権 年金砲あり)

年金砲を20とか30兆円撃っても、民主政権時よりTOPIXが下なので、数字が読めるお方なら年金砲の威力を判るはず。

民主と違って年金が30兆円溶けている⇔ハゲタカファンドは評価している。政権支持率が50%あるので国民の5割り以上は「年金溶けてgoo job」と評価している。

カネを溶かすならパチンコの方が金額小さくてgood.

*********************************

すでに完成されたお方もでている  4バンドラジオキット KIT-006D

「手順 in USB」に従って製作中。

パターンの細目の箇所があるので半田は手早く。(無駄に加熱すると銅板の接着材がはげてくる)

051

通電して波形確認。

052

053

さてFM帯も合わせる。

054

調整完了した。

・IFの周波数合わせは、455kHzフィルターの中心周波数で決まる。 SGで信号を入れて最もロスなく出てくるようにIFT(黄色)を合わせる。このとき、特性が対象になっていることを確認する。オイラのでは460kHzだった。 フィルターの測定回路と同じものが前後に吊り下がってメーカー発表と同じになる。

・BC帯のアンテナコイルは外に飛び出している。(この後、周波数表示板をつけてロッドアンテナをつけると 大幅に狂ってくる)

・FM帯は、 下側ヘテロのことが多いので、OSCコイルに巻き数が多いのを付けた。

 たまたま、伸縮なしでバンド幅が取れた。(もう0.5pFほしいので、上側ヘテロが具合よいかな?)

感度側も少し触っただけで済んだ。FMは感度よく聴こえる。記憶では、フォアーランド電子さんと同じIC型番だと想う。

・機構部品の金型精度は充分に日本と同じだね。樹脂の充填具合も含めgood.

・メーカー品をわざわざ手間を掛け、キット化されただけのことはあるね。

055

056

058

今宵は遅いので、続きは明日。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33740285

祐徳電子さんの4バンドラジオキット(FM,MW,短波1,短波2)購入した。 KIT-006D   製作中を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ