Powered by Six Apart

« クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。 レストア? S-106 その2 6WC5 | メイン | クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。S-106 レストア? その4  通電した。 »

2015年8月13日 (木)

クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。S-106 レストア? その3 マツダ製IFT

Kphotonormal20090807017_l

20070918132558s_p

******************************

続きです。

starのIFTが載っていたが、

このIFTを使うと、

「通電端子とシャーシとのギャップ」がXY平面で1mmしか確保できない。

Z方向を加味しても1.4mm程度なので

250V印加にはかなり不安が残る。(シャープエッジ部に当るので安易に放電する)

それゆえにシャーシを下の写真のように鑢掛けした。

031

1穴をヤスリ掛けして、マツダ製IFTなら無加工で載ることに気ついた。

032

455IFTを開けて中身の確認。

1st IFTは、1次側が天側になるように載せる。

2nd IFTは「1st IFTとは逆相」で載せる。              ⇒ IFTの方向性

036

下の写真のように、無加工でもXY平面で2mm程度ギャップが取れた。

030

033

真空管ラジオ工作のknow how

034

035

市販のアンテナコイルの手持ちが無かった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33510523

クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。S-106 レストア? その3 マツダ製IFTを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ