Powered by Six Apart

« クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。 レストア?  S―106 その1 | メイン | クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。S-106 レストア? その3 マツダ製IFT »

2015年8月10日 (月)

クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。 レストア? S-106 その2 6WC5

「戦争に行きたくない」って訴えているグループらが幾つかある。

「戦争に行きたくない」ってのを「利己的だ」と批判する輩がいるが、

まったく戦前と同じだね。

「戦争に行きたくない」者を非国民と呼び蔑んだ。

現日本もその流れが復活しつつある。

さすが、明治憲法を復活させたい方々の力は強い。苦節70年を経て復活中である。

Cmmof5cukaa4lqzthumb520xauto1527

*************************************

続きです。

メインパーツは外して、溶けたバリコンブッシュを落とした。

023

024

バリコンの脚も綺麗にした。

このキットでは、電源トランスの+Bは350v側を使っていたが、6WC5はそんな高圧で動作させる球ではない。適正電圧(+B)に下げてくるのに苦労する。

6WC5は、感度がPEAKになる g1が先人達の実験から導かれているので、Eg1をそれに合わせればok。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33506107

クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。 レストア? S-106 その2 6WC5を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ