Powered by Six Apart

« 2極管検波 GT管では6H6         | メイン | クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。 レストア? S-106 その2 6WC5 »

2015年8月 9日 (日)

クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。 レストア?  S―106 その1

Maxresdefault

 

F0009381_063278

**************************

クライスラー(CRYSLER)のラジオ。

キャビネットメーカーらしい。中身の仕上がりをみるとキット品なのが判る。

結構な数が、YAHOOにある。

020

021

IFTも電源トランスも良い物を使っている。

バリコンサホートブッシュが経年変化しているのが、残念。

往時の石油化学製品なので50年は持たない。

電源トランスに、29-05のMag刻印があるので、昭和29年以降の製作のようだ。

概ね65年前のことになる。

022

このまま直しても、オイラの環境ではラジオ局はほぼ聴こえない。「標準5球スーパー」+「室内ループ」でRS33程度でNHKが1局だけ聴こえる。民放は100%聴こえない。(屋外にアンテナ線を張れば聴こえる)

標準5球スーパーは近距離用ラジオなので、決して感度が良いわけではない。

高一中ニで遠距離用ラジオ、中ニで中距離ラジオになる。

「6石スーパー」並にラジオを聴くには「バーアンテナ式高一中ニ」が必要。

ST管ラジオの音を楽しむには、

①アンテナコイルをバーアンテナー or スパイダーにする。

②IFは2段にする。(中ニ化して中距離用にする)

などの改良が必須になる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33505593

クライスラー(CRYSLER)のST管ラジオ。 レストア?  S―106 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ