Powered by Six Apart

« 八欧電機の3バンドラジオ L-65のメンテナンス 1 | メイン | 八欧電機の3バンドラジオ L-65のメンテナンス 3 »

2015年8月 5日 (水)

八欧電機の3バンドラジオ L-65のメンテナンス 2

******************************

まあ、このラジオは量産向きではない構造設計になっている。

バンドsw回りの配線がボロボロ。線材交換のためにswを抜こうにも抜けない。

ニッパーが入らないので線も切り落とせない。

シャーシが3枚?構造なので、外せないことはないが

バリLチューナーとの再周波数合わせが待ち受けている。

部品配置は、誰が考えたんだろうね。

010

FMチューナーからのヒータラインはほぼ裸線状態だった。

青線で引きなおした。

011

ブーン音がすると想われる理由は、上の写真から推測できる。

まずは、SW回りの配線を復活させたい。

012

バリLのFMチューナー。

八欧製ではないはず。

このラジオは手に入れないことを薦める。 途中、作業がし辛くて捨てたくなる。こんな感情が湧くのは初めて。、

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33502081

八欧電機の3バンドラジオ L-65のメンテナンス 2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ