Powered by Six Apart

« 八欧電機の3バンドラジオ L-65のメンテナンス 2 | メイン | 2極管検波 GT管では6H6         »

2015年8月 8日 (土)

八欧電機の3バンドラジオ L-65のメンテナンス 3

ベテラン政治家は基本、戦場には行かないが議員の子供は率先して戦場に行く。
これは欧米では常識。

近衛文麿ですら長男を二等兵として送り出している。

乃木将軍は息子たちを全員、日露戦争で戦死させた。明治天皇の崩御の折りには、追腹(割腹)で6時間ほど生きていたようだ。歴史読本かなにかで詳しく読んだな。

まあ、自分だけ安全な場所に隠れて戦争を賛美し、愛国心を強調し、他人を戦場に駆り立てて後方で安楽な生活を送るような輩が政治屋しているな。

そもそも原子爆弾を落として非戦闘要員を大量殺戮した時点で、outなんだよね。そんな米国に尾を振る日本政治屋。 米国のスパイにすら成り下がった旧公務員(日本人?)もいる。

津波で原発壊れないと答弁した「岸先生の孫」は、嘘を吐くだけでなく日本中を不幸せにした。彼が、幾多の恨み辛みを被るのは自然だ。

*********************************

八欧ラジオの続きです。

局所集中接地を12AV6の近くに移した。

013

ブーン音はSP端のVTVM読みで150mVほど。 移動前とほとんど差がない。

014

もう少し配線換えたら、20mVまで下がってきた。まだ、やや大きいが松下のFMラジオよりは静かになった。ONKYOやSHARPに比べると五月蝿いが、、。

下の写真波形からすると、ヒーター系に起因するブーン音では無さそうだ。ヒーター起因の場合は、もっとバーストした波形になる。

 016

FMのIFT調整中。FMの感度は普通。

 015

12BE6のMW帯OSC具合が弱い。球がへたっているのでもなく、OSCコイルのタップ点が駄目。g1電流が0.25mA程度なので、 概ね感度は一般的なラジオの半分。トランスレスだがもう少しoscが強くて良い。

455IFTの増幅度は普通だが、12BE6を介すると感度が落ちる。MWは他メーカーより感度悪い。が、SWはMWより感度が良い。今の処、オイラの環境ではMWは何も受信しない。

FM帯はアンテナ線なしで聴こえてきた。

017

かなり抵抗は換えた。局所集中接地は写真参照。

気が向いたら、もう少しブーン音を下げてみる。

感度を期待してはいけないラジオだ。

★8月14日追記

残留ノイズは10mVを切ることは、出来た。

ようやく平均的なトランスレスラジオのブーン音に成った。

************************

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33504309

八欧電機の3バンドラジオ L-65のメンテナンス 3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ