Powered by Six Apart

« ナショナルラジオのメンテナンス。その2  UA-625 真空管 | メイン | ナショナルラジオのメンテナンス。その3  UA-625 マジックアイ »

2015年4月15日 (水)

八欧電機のLー65

新しく仲間になったラジオくんです。

前オーナーは、「修理済み品をyahoo購入した」とのことでした。

縁があって、ラジオくんがオイラの処に来ました。

018

FMはしっかりと聞えてます。FM帯は、CDラジカセよりも、耳がよいです。

レシオ検波の音も、耳に優しいですね。

AM帯は、このラジオより45dbほど強くSGを入れる必要があります。

手持ちのトランスレスラジオより、やや耳悪いので、調整してみるつもりです。

他のトランスレスラジオとおなじように、ハム音聞えます。VRを絞ってSP端での、リップル値は100mVもあります。(ミリバル読み。 いわゆる残留ノイズ)

修理済みにしては不自然な数値。 「測定器を持たずに修理済み」のYahoo売人もいるようなので注意ですナ。

で、確かに表示灯がムギ球に変えてあったり、ACコードが新しかったりします。

017_3

チタコンが結構使われています。

八欧電機のLー65です。

★真空管ラジオのSP端リップルは、VRを絞ってSP端でミリバル値を読むと

オイラの手持ちトランスレスラジオでは、6mV~10mVくらい。

↑参考用に数字あげておきます。

まあこのラジオの「残留ノイズは100mV」もあるので、そういうことですナ。

********************************************:

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/30726415

八欧電機のLー65を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ