Powered by Six Apart

« 真空管ラジオ用455Khz IFT 揺らぎ | メイン | 真空管6JC6ラジオ その2     通電した。 »

2015年4月23日 (木)

自作 ミニチュア管6JC6のラジオ

Ab1e9988

次のラジオ工作です。

半田コテを持っていると、心が落ち着く。

忙しい世間、そしてパワハラ会社に居ると雑多な事で心が汚れる。

ピュアな心の持ち主は、オーラでみるときらきらと輝くと言う。輝いて目立つから邪悪な心の持ち主が、ピュアな心を潰しに掛かる。

輝く心を持つ者は、いまや1%も居ない。

心は顔と音声に出るから、至って判り易いよネ。

**************************

ミニチュア管のバリミュー球では、

6BA6,6BD6,6BJ6,6CR6,EBF80,6LM8の名が通っている。

久々に6JC6を使う。

6JC6のTransconducanceは15,000μモーと増幅度は高い。

6BA6は、4400μモーなので、3.3倍ほど6JC6が数字は良い。

051

9ピンなので、内部Cが異なってくる。 

写真のようにIFTのCに手を加えて、455Khzに合うようにする。

増やすor 減らすは写真参照。

052

いきなり、完成ぽい写真になってしまった。

そう、これは4月19日にパチリした。

これから、トラッキング等の調整をする。

**************************

続く

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33312081

自作 ミニチュア管6JC6のラジオを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ