Powered by Six Apart

« 6DC6が届いた。     他は6CW5,6V6,6J5  | メイン | 真空管ラジオの修理  キット品?。 その8  発振は解決。 »

2015年3月18日 (水)

GT管5球スーパーラジオ製作 部品載せた。 通電した。

続きです。

配線も終わったので通電した。

SGから信号を飛ばして調整中。

トラッキングの how toは雑誌上に多数ある。webでも見つかる。

060

電源トランスのin側は0-90-100Vだった。

6SQ7には0.6mAくらい流れている。 球によっては音が割れるので、球の個体差にあわせてIPを決めることが大切のようだ。

061

6V6は昨日届いたもの。

062

063

軽くNFBを掛けてある。

球構成

ヘテロダイン検波 ⇒ 6SA7
1st IF      ⇒ 6SD7
2nd IF     ⇒ 6SD7
DET      ⇒ 6SQ7 
1st AF     ⇒ 6SQ7 
2nd AF    ⇒ 6V6

IF2段のラジオはあまり見かけない。

放送の神様 島山氏の記事をみると

①近距離用  中一ラジオ

②中距離用  A 高一中一

        B  中ニ

③遠距離用  高一中ニ

に3分類される。

所謂5球スーパーは近距離用に分類されている。

本ラジオはIF2段なので、GT管の中距離用に該当する。

*********************************

第123作品目。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33200407

GT管5球スーパーラジオ製作 部品載せた。 通電した。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ