Powered by Six Apart

« 他励式スーパーヘテロダイン⇒自励式スーパー 6BA7,EBF80に変更 | メイン | 真空管FMチューナーキット (ケースはリードのFT-110 )のメンテナンス »

2014年12月13日 (土)

オンキョー AM,SW,FMの3バンドラジオ  FM-820のメンテナンス  その3

通電してみた。

インジケータも、非通電時に右端だったのが左端に来た。これは生きている。

051

052

MW,SWも聴こえる。 バーアンテナでないので耳はそれなり。

しかしFM帯は耳がとてつもなく良い。 いままでの真空管FMラジオの中では、一番よく聞こえる。

TRIOやPIONEERの真空管FMチューナーよりも耳が良い。

表現としては、

ナショナルの真空管FMラジオに7~8db程度のプリアンプをつけて聴いているかのように、よく聞こえる。これを聴いてしまうと、ナショナルのFMラジオは倉庫にしまったほうが良い。

オンキョー FM-820
YouTube: オンキョー FM-820

アンテナ端子には何も接続していない。 

建物は鉄筋コンクリートなのにここまでしっかり聴こえてくる。

このラジオは、半導体のFMラジオより聴こえてくるぞ??!!。

外部アンテナ無しで、ここまでFMが受信できる真空管ラジオは初めてですね。

(チューナーパックの設計・製作が巧いのだろう、バリLタイプのチューナパックのメーカーは2社しかないと想う)

トランスレスなのにブーン音も至って少ない。前回のオンキョーのFMラジオもブーン音が静かだった。

今までの経験からすれば、

オンキョー、シャープ、トリオの真空管FMラジオは、ブーン音も小さくお薦めだな、、。(配線ルート変更せずとも低ハム音なので、メンテナンスする側としては大いに助かる)

上の写真のようにインジケーターは生きているが、メーターを振らすにはかなりの信号が必要らしい。時定数は触らずにしておく。と想ったが、インジケータと接続されている抵抗を実測すると9.5KΩだった。

060

回路図では8.2kΩなので、 2割ほど抵抗値が増加していた。で、交換はしておいた。

(それでも針は振れなかった)

あとは、洗ったケースに入れて終了。

********************************

FM専用としてしまってもOKな耳の良いラジオでした。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33086979

オンキョー AM,SW,FMの3バンドラジオ  FM-820のメンテナンス  その3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ