Powered by Six Apart

« FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ その3    配線材はベトベトだった | メイン | FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ その5 FMを受信した。  »

2014年10月 9日 (木)

FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ その4 通電してみた。

続きです。

*****************************

まず、AF段のゲイン確認。

SP端でみて、15dBくらい。

020

SGからの電波を受信。

018

洗った外装。

019

いつものように、VRを絞ってのSP端でのVTVM値。

10mVレンジなので、3.5mVくらい。

017_2

FM付きトランスレスラジオとしては、優秀。

ナショナルのFM真空管ラジオだと30mV近くてブーン音が五月蝿いが、

このラジオは静か。 手持ちのFM真空管トランスレスラジオでは一番ブーン音が小さい。

配線の見直しせずに、この数値はナショナル製では無理。

FM帯も良好。 ナショナルのFMラジオよりも、よっぽどお薦めです。

通電表示のランプがないのがやや不満。

配線の見直しをするともう少し下がる??

前記のように、シャープの球はハム音が他社製よりも小さいので、球の良さが数値になっていることも推測される。RCAあたりの球を挿して、後程測ってみる。

*************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32840471

FM /AM 真空管ラジオ FM-11 シャープ その4 通電してみた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ