Powered by Six Apart

« ナショナルの真空管ラジオ 5X-52 その5  トランスレス ハム音 | メイン | ナショナルの真空管ラジオ 5X-52 ケースにいれた。 »

2014年10月25日 (土)

ナショナルの真空管ラジオ 5X-52 その6  トランスレス ハム音 さらに下がる

今朝のラジオの続きです。

100pfを入れてRF成分をかなり除去した。

いつものように局発の漏れが見える。

VRを絞ってSP端をVTVMで測った。

083

VTVMの表記のように2.2mV近傍。

いままで触ったトランスレスラジオ群のなかで、最も数値が低い。(後記ありますが、もともとのsp+outトランスで実装したら、普通の水準になってしまった。 ua-360の時とは挙動が違った))

あとは球を選別すればもっと下がるが、、、、。

繰り返すがもともとのブロックコンを使っているだけで、 追加のμFはない。

このラジオ、+Bのリップルは実測で0.2Vあった。 

★テストループでSGから信号を飛ばした。

084

普通に聴こえてくる。が、バンド下側が耳悪い。いつもと違う。

さて??? 

埃の付着でバリコンのQが低いのか?

OSC強度が弱いのか?

10月26日追記

G1抵抗の20KΩに掛かる電圧は実測12.0V(アナログテスター読み)なので

0.6mAの電流になる。これは、丁度変換ゲインがピークになる値なので動作点OK。

オシロでOSC波形を見ると、通常よりやや弱い。

 LC回路のQが低いとこうなるのだろう、、。(バリコンの埃に起因)

OSCコイルを耳ピークに合わせて、調整。下側の感度も出てきた。518Kc⇔1720kcのバンド幅になった。耳は5dbに収まった。

086

*******************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32912015

ナショナルの真空管ラジオ 5X-52 その6  トランスレス ハム音 さらに下がるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ