ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« ナショナルの真空管ラジオ 5X-52 その6  トランスレス ハム音 さらに下がる | メイン | 3球式 少し前進 »

2014年10月26日 (日)

ナショナルの真空管ラジオ 5X-52 ケースにいれた。

ケースにいれた。ROULETTE SUPER

085

spは3.2Ωのスタンプがあった。

outトランスは、3.2kΩ:3.2Ω。

VTVMでSP端を見ると7mVあった。こりゃ、いつもと同じ数値。

UA-360やFM-11はVRを絞るとほぼ無音なのに、このラジオはハム音聞こえてくる。

いや、ハム音は奥が深いですね。

35C5は15mA程度流れているので OUTトランスは7KΩ:△△が正しいはずだと想うが、

なぜ3.5KΩと低いのか?

★耳は普通。

普通のハム音のラジオになってしまった。

見た目がGOODなので飾りにも向いている。

************************

以上、メンテナンス記事でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32919689

ナショナルの真空管ラジオ 5X-52 ケースにいれた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ