Powered by Six Apart

« 中国製IFTを使ってのスーパーラジオ (他励式6球) その1 | メイン | 中国製IFTを使ってのスーパーラジオ (6GX7他励式) その3 通電してみた。 »

2014年6月15日 (日)

中国製IFTを使ってのスーパーラジオ (他励式6球) その2 局発コイル

続きです

当初は、ヘテロダイン検波は6BE6(6BY6)のつもりだったが、

製作途中で他励式に方針変換。

BC帯でも、heptode(7極管)はノイズが多いのが前回の製作でわかったので

本機も他励式にしてみた。

045

上の写真のように、

試してみたいことがあったので、ミニチュア9ピンソケットを2コ配置した。

駄目だったら、9ピンの6BA7で鳴らす予定。

IFTの調整穴の向きは、こうしないとIFTからの漏れが多くて使えないはず。

局発コイルは、TR用OSCを改造して使う。

046

047

55cm巻く。

048

タップ位置は13cmの処。

 

049

 

055

ヒーター容量が苦しいので、1st AFは6HM5。

ダイオードの倍電圧検波にした。

他励式ヘテロダインは、6BE6より具合が良いと想う。

 TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32296297

中国製IFTを使ってのスーパーラジオ (他励式6球) その2 局発コイルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ