Powered by Six Apart

« 真空管スーパーラジオを造ろう(ファイナル)  アンテナコイルを巻く | メイン | 真空管 受信機  できたなら通信型にしたい。スプレッドバリコン式 7球ラジオ その1 »

2013年12月22日 (日)

ラジオの バリミュー球たち 6BD6,6BJ6,6GM6,6JH6,6LM8 etc

AM真空管ラジオのIF(中間周波数増幅)には、

セミリモート球、リモート球を使いますね。

★体験上、オイラのように田舎住まいで弱電界ならば

中間周波数1段増幅のラジオであればリモート球を使うほどの事はありません。

オイラの環境では、

ヘテロダイン検波のゲインだけで、初段をサチレーションさせることは無理です。

それゆえに、6DK66GH8をIFに使ったラジオを鳴らせてます。

バリアブルミューでよく知られた球たちです。(7ピン)

125

110

6BJ6も6JH6も過去BLOGにあるように、使ってます。

あとは、6CR6や6GM6かな、、。6DC6,6JL6.6HR6,6CG6

オイラの手持ちで、、、、。

126

128

★9ピンで有名なのが、6JC6,6JD6,6KT6 ,6EH7,6HT6,

実測するとバリミューなのが、6BX6, 6EJ7。

9ピンの5極管は、実測してシャープカット球の確認をした方が良いですね。

★複合管で 5極部がバリミューなのは、

6AZ8,6LM8,EBF80。

127

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32011853

ラジオの バリミュー球たち 6BD6,6BJ6,6GM6,6JH6,6LM8 etcを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ