Powered by Six Apart

« メタル管 ワイヤレスマイク  6AC7+6AC7+6SA7 その1 | メイン | メタル管 ワイヤレスマイク  6AC7+6AC7+6SA7 その3 »

2013年10月22日 (火)

メタル管 ワイヤレスマイク  6AC7+6AC7+6SA7 その2

肩がこるというのか、首がこって中々つらい。

そういや、

耐薬品の真空レギュレーターってMADE IN USAで2社あったけど、

その会社の日本法人に質問しても、まともな答えが返ってこない。

通常は、真空ポンプ側をフルパワーで引くから、

今回のような仕様はイレギュラーすぎるよね。

国産品じゃ耐えられないので、米国製なんだけど

田舎のおじさんの質問には答えてもらいたいなあ、、。

この続きです。

************************************

平滑回路は平ラグに載せる。

シャーシ外で半田したほうが楽なので、一度外した。

080

パーツ箱を覗くと、 脚の短いコンデンサーが3個あった。

抵抗も3個あった。

シリコンブリッジは、いつもの600V耐圧。 新電元 S2VB60

おじさんは、新電元さんに、ソレノイドでお世話になっています。

ソレノイドに感謝してます。

082

ヒーターの配線。

今回はシャーシには落さないで、結線してみた。

このラジオの際は、ヒーターラインがハム源になってしまって、最後は片側をアースしたが、

今回は上手くいくか????

081

OSCには、このバーアンテナ(PA-63R)を使った。

理由は、安価なのと

「心棒をラグに半田付けすれば固定できる簡便さ」が気にいっているからだ。

083

半田付け一点で固定できるのが、具合よい。

084

今回は、緑色のタップ線は使わないので、カットした。

088

085

信号のアース側も少し気をつかってみた。

6AC7ではアース母線を使わなかった。 

実際に6SA7を発振させたら、従来通りに戻す必要があるかもしれない。

086

GT管の脚が埃だらけなので、綿棒で綺麗にしなきゃね。

087

確認後、通電予定。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31913119

メタル管 ワイヤレスマイク  6AC7+6AC7+6SA7 その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ