Powered by Six Apart

« 真空管 FM/AMチューナー TX-40 パイオニア | メイン | ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その2 »

2013年8月31日 (土)

ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その1

盆は墓参りに行く時間も取れなかった今夏です。

ようやく今朝、大婆大爺の皆々に挨拶に行ってきました。もちろん棟梁にも礼を申しあげた。

**********************************
ラジオ少年から領布されているアンプキットです。ステレオアンプキットです。

AMP-MINIが型式です。

真空管式FM/AMチューナーが手元にあるので、このチューナーに繋げるAMPを造ります。

もちろん価格優先で選びました。
リーズナブルな価格でリリースされておられて、感謝しております。

051
パーツ類↑

球は、カソード共通の複合管の6AB8です。

 カソード共通の球は、過去に6EH8や6GX7でラジオを造ってきています。

カソード共通球で、ボボボと発振した場合は、
カソードに吊るすケミコンを470~2200μまで大きくすると安定動作します。

3極が初段、5極部が出力段になります。。

052
穴を4コ追加しました。↑

今回は、平滑回路の段数を増やしてみます。

053

ニブリング加工で開いてる穴が、やや小さいです。↑

やすりで広げて、対応します。(左右其々、6mm広げました)

054

配線中↑
055

平滑回路を配線中↑。

ラジオだと+Bのリップルは100mVくらいでもOK(リップル率で表すと0.05%)ですが、

オーディオ用だと もう少し数値が良いことが必要なはずなので、なるべく多段の平滑をネライます

過去には、+Bのリップルを0.0013%まで下げた実験もしました。

平ラグも追加しました。
手持ちの680μFが収まったので、取り付けます。

ハム音の原因は、
ヒーター起因のバースト波形の方が、オシロでの波形上も支配的ですが
これは真空管固有の特性なので、、、、、、、、、。

056

2連VRは、外で半田附けしてシャーシに取り付けます。

シールド線の外皮(アミ線)でノイズが増えることも多々経験してますので、

今回は単線で配線します。

057

ヒーターラインは、ツイストにしてみた。

過去の経験では、ツイストにしない方がよかったことも数度あって、

ヒーターラインのノウハウはまだ掴めていないです。(真空管ラジオ20台程度では、実装技術はまだ未熟で,すみません)

058

470μFが2コ↑
手元に1000μFが無かったので、470μF。

059

トランスの線長は、のちのち転用できるように長めにします。

ウッドパネル2枚は、ラチェット式ドライバーでネジ締めできそうなので

一番最後にします。 ビットヘッドを手回してもOKですね。

060

形になったぽいので、リフレッシュ後 通電します。

「半田終了の勢いでは、通電しない」ことが大切だと想ってます。



電源トランス容量と球の消費電流のバランスを見ながら

3極部に掛かる電圧を決めていきます。 回路中の10kΩは18kΩにしてみました。

***********************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31812405

ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ