Powered by Six Apart

« 真空管ラジオキット(COSMOS) 6球スーパーヘテロダイン その1 | メイン | 475KHZ IFT »

2013年6月27日 (木)

6CS6,6JH6 など ラジオ球

6球のCOSMOSラジオキットに使おうと想って手に入れました。

①リモートカット球(セミ)では
6BA6.6BD6,6BZ6が有名で6BJ6や6KT6は あまり人気がありませんが、 
さらに人気のない6JH6を手に入れました。

市場でも 見かけるのは稀なので、 良い物が手に入りました。

075


②HEPTODE管は、6BE6が有名ですね。

オイラは 耳が必要な時は、5915
まあ 耳が必要なら   6BY6
聞えればいいなら、  6BE6  の位置附けで球を使っています。

規格表を観ると
5915の変換ゲインが、 1100μモー
6BY6の変換ゲインが、 500μモー
6BE6 の変換ゲインが、 475μモー

耳が必要な時には、5915を使ってます。5915は五麟貿易さんから購入してます

で、写真の6CS6の変換ゲインが、 1500μモーと6BE6の3倍も高いので、回り込まずに動かせるのか?
 IFTと近いので 無理ぽいですが、とりあえず挿すだけはしてみます。

動作点を下げてかわすことは、正道ではない気がしてます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31676453

6CS6,6JH6 など ラジオ球を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ