Powered by Six Apart

« レイアウト 少し進みました。  | メイン | PJ-80 3.5Mhz eceiver (ARDF)を7Mhz化してみました。 その2 »

2013年5月19日 (日)

PJ-80 3.5Mhz receiver (ARDF)を7Mhz化してみました。 その1

暑くなりましたね。
緑の粉が山から里に飛んでくる季節になりました。

当時の政府(公務員様)は、なぜ杉のような針葉樹を沢山植える政策にしたのでしょう??
この経緯を調べると、なかなか面白いですね。

消えた年金もまた同様成り。

カネは無機物にて、己では消えるチカラを持っていませんね。
報道に観られるように、人為的に 帳面上 消されただけのことですね。


**********************************

え~と、3.5MHz PJ-80 ARDF受信機の 「周波数帯変更改造」を始めました。

購入は、JL1KRA 中島OMが窓口になっています。⇒ここ
周波数の安定化については、OM諸兄が実装結果を発表されていますので、大変参考になります。

PJ-80は3.5Mhz用ですので、これを7MHz帯の受信機に換えてみますね。

安価なのが魅力ですね。

070
↑ RFコイルのT2 を7Mhz用の市販コイルに変えます。
(AMZにしましたが クリチカルですので、何か細工が必要です)

OSCコイルは、 いままでの黒コイル(T2)を使います。

071

↑ささっと半田して、OSC具合を波形確認します。

072

↑ OSCの上限です。 受信周波数はx2するので、7170khzくらいになりそうです。


073

↑OSCの下限です。 受信周波数はx2するので、7060khzくらいになりそうです。

バンド幅は100khzくらいを狙いました。 ボリュームの回転角で200khzは、合わせつらいと想います。コイルコア(黒)で最終的にF調整します。

 もともとの発振強度は、OSCコイルの200PF点で3.8Vでしたので、弱くなってます。

074

↑SGから バーアンテナ無しで 入れてみました。 耳はPJ-80と同じ感じです。

あとは、バーアンテナの実装です。

075

↑アンテナコイルの巻き数を減らして7Mhzに合わせました。

一応 聞えてます。

AMZのコイルを7045にあわせると、7065では10dBほど耳が落ちるので

かなりクリチカルになってます。 PJ-80では、ここまでクリチカルではありませんでした。

後々、見直してみます。

076

未だC19の適正値が見つかりません。C19なしでも良いけど、耳が、、、、。

続きます。

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31543613

PJ-80 3.5Mhz receiver (ARDF)を7Mhz化してみました。 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ