Powered by Six Apart

« 真空管6CH8予定のAM ワイヤレスマイクの製作 ⇒ リップル波形 | メイン | レイアウト確認中、少し前進⇒5球GT管ラジオ(COSMOSブランド) »

2013年3月16日 (土)

複合管6CH8を使った 「AM変調のBC帯ワイヤレスマイク」 発振波形

この続きです。

6CH8の5極管部で発振させました。

040

↑オイラの実力では、こんな波形にしかなりませんでした。

ポリバリコンで、Freqは750~1700Khzまで、変化しました。

↓局発時の+B波形をオシロでみました。プレート側のチョークは4mHを1個です。

041

発振周波数と同じ周期のものが+Bに重畳してます。

所謂、「漏れ」ってやつですね。面白い形で減衰して行くのがわかりますね。

で、プレート側のチョークは4mHをもう1つ追加して、2段にしてみました。

042

↑差があるような、ないような、、、。

平坦部が長いので、減衰の収束が早いように見えます。

043

↑4mHが2個 入ってます。

044

↑6N2Pのマイクアンプのゲインを確認中。

045

↑58dbくらいありそうですね。

046

↑左が、受信波形。

右がワイヤレスマイクへ入れた波形。(入力線がRFを拾ってます)。

う~ん、いままでのワイヤレスマイクより、発振が強すぎる気配ですね。

047

048

↑先日造った、「レフ+再生」ラジオで受信してみました。

049

050

↑ワイヤレスマイクの回路図。

「発振のきっかけ」はg2の100PFです。 100PFでもOKです。0.05μFでもOKです。

発振コイルは、この写真にあるようにPA-63Fです。

このアンテナで、3.5mくらい飛びます。

「1:3低周波トランス」で降圧させて使いましたが、

追実験される方は、「昇圧」もトライしてみてください。

************************************

以上、AM変調ワイヤレスマイクの製作記事でした。

出品中の商品はこちら

ST管、GT管ラジオマイク出品中

A73d47b497d7

 

TOP PAGE

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31252053

複合管6CH8を使った 「AM変調のBC帯ワイヤレスマイク」 発振波形を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ