Powered by Six Apart

« オーバーシュート波形 | メイン | AMトランジスタラジオキット KIT-619の製作 その1 »

2012年11月25日 (日)

3BE6

真空管のラジオには、金属ケースを使うことが多いですね。

で、アルミケースに穿孔すると、バリがでますね。 これは外来語 BURRをカタカナ表記しただけですね。

SENSORのドグは、dogから来ているし、 他にもあるかな、、、、、。

オイラは、常々想うんだ、、。。JIGを「冶具」と日本読みに換えたヒトは、偉い

昔、どこかの本でその方の名を見たのだが、忘れて思い出せないです。

*******************************

え~と3BE6を入手しました。

「ヒーター3VのHEPTODE管で何を造ろう???」って考えてます。

ヘテロダイン??

008

そうそう、ラジオで調整する箇所は、

①トラッキング ⇒web上に沢山情報がでてますね。FM帯もBC帯と同じ要領ですね。

  真空管の場合、ポイントは局発の感度を優先することですね。

 「50年代~70年代の真空管ラジオの製作記事」には、局発コイルのタップ位置を調整して、一番感度がよくなる点に合わせるように書かれていますね。

②IFTの調整も、web上にありますね。

③受信波形の確認。 波形が綺麗でないと聴感上わかりますね。

あとは、強電界ならAGC(AVC)かな、、。    

真空管ラジオなら、VRを絞ってSP端で1.5mV程度(バルボル読み)のリップル波形に

なれば リップル音はほとんど判らなくなりますね。(AF段のゲイン大小によって差があるのは、ご存知ですね)

グリッド検波のグリッド抵抗値の決め方は、NHKの本に記述がありますね。

★測定器がないと「闇夜を目隠しにて歩く如き」ですので、そこそこ揃えることを薦めます。

SSG,VTVM,スコープ,  etc

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/30515341

3BE6を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ