Powered by Six Apart

« WebのLog file  その1 | メイン | ワンダーキット FMワイヤレスマイク FW-208 »

2012年10月16日 (火)

WebのLog file  その2

オイラがラインのリペアマンだった頃のお話。

******************************

「動作していたものは必ず直る」って製造ラインでの先輩達によく聞かされた言葉です。

素の基板に部品挿して、タムラの半田槽に流して、日置のボードチェッカー通してました。

まだ噴流式が登場する前の半田槽でした。

★ボードチェッカーで弾かれたものは、頑張って部品交換しても動作しないものが大部分を占めます。

1枚のボードチェッカー不良に1時間も掛けて直していると、かんたんに日が暮れてしまいます。

★ボードチェッカーでok出たものは、ケースに組み込んで実動作上で確認します。

(チューナーはトラッキング工程へ入れます)

で、製造ラインで経験する不良の要因は多々あるわけです。

一番原因を突き止めにくいのが、プリント基板のマイクロショートかな、、。

「30倍の顕微鏡で拡大してみても、隣同士のパターン同士がつながっていないok品」なので、原因解明には苦労します。

パターンショートの確認で、「テスターで 導通確認してもok品だけど、動作不良」は時々あります。

これらを直せて、一人前になるのですね。

製造ラインでリペアしていた誰もが、経験していることです。

★記憶に残っていることでは、上記のマイクロショートによって、

テープheadのヘッドアンプ部の周波数特性がLRで揃わなかったことかな、、、、

TRを変えたり、CRを変えてF特性が揃うように細工したけど、、、、

中々、悩みました。

★IC化が進んでいなくて、ガバナ回路がTR構成だったり、良い勉強になりました。

★オイラみたいな「ラインのリペアマン」の経験者って、数千人以上いるんじゃないかなあ、、。

各県に25人でも1000は越えますね。

**************************************************:

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/30064577

WebのLog file  その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ