Powered by Six Apart

« 基礎実験のまとめ 3 | メイン | 6688 (6RR8) »

2012年5月20日 (日)

再び、 換え  そして2球スーパー鳴る

先日の3S-STD 3号機で

3極管単球では、6BE6より大幅にゲインが取れない」ことが確認できました。

周波数変換は6BE6系に任せることにして、配置し直してます。

↓いままでのは、左。 新規は右。2球スーパーラジオに再トライです。

074

075

↑製作中。(Qダンプ実験の抵抗を外してありません)

前回のは、「IFT⇔IF増幅」間が近くて、回り込みが回避できませんでした。

今回は、IFT⇔6BA8の中心間距離を70mmにしました。

「IFT⇔IF段の配線」で、配線が近いところでも45mmは離してます。

(後々シールド板を追加しても良い空間は確保しました)

HEPTODE管には、いつもの6BY6

複合管には、9DX系の6BA8を使いました。

6BY6⇒IFT⇒6BA8(PEN)⇒検波⇒6BA8(TRI)⇒SP

IFTは、中国製の465Khzタイプのままです。型式は、633。

076

↑通電して、調整中。 

IFTに82KΩをダンプさせてあります。

ダンプ無しに比べて、「SP端のバルボル読み」で15dbほどゲイン下がっています。

(距離ももっと離せば、さらによい結果が出ると想います)

普通に聞えてます。3極球で混合しようとしていたので、遠回りしてしまいましたね。

078

079

↑IFTの1次側に82KΩ。

平滑は4段。

090

↑いつもようにVRを絞ってのSP端でのバルボル値。

0.003Vレンジなので1.0mvぐらいですね。

077

球数なりの「普通に鳴るラジオ」になりました。

AF段が1段ですので、VRは7部あたりで鳴らしています。(Qダンプが不用なら、ほどよいバランスになるのに、、、。)

532Khz~1650Khzに合わせてあります。

IFTはSGの465Khzをバリコンに印加して、合わせてあります。

中国製のIFT(型式は、633)は、安くて良いですね。(疑ってましたが、全然普通に使えます)

ようやく区切ることが出来ました。

091bmp

**********************************

主要パーツ

アルミケース       LEAD製    S8

バーアンテナ     ラジオ少年  BA-380

OSC                       ラジオ少年 OSC-220

バリコン                  親子エアーバリコン   ラジオ少年

電源トランス    BT-1V-L      ラジオ少年

OUTトランス          東栄変成器   T-600Z/12K

IFT                           型式633-1  中国製

**********************************

★3S-STDでの実験のように、

6HA5での周波数変換は問題なく動作しますが、ゲインがさほど取れませんでした。

5極管では様々な変換回路がありますので、実験テーマとして興味があります。

中国製IFT(型式633)の挙動もわかりました。

コストメリットが大きいので、今後も多用すると想います。

***********************************

追記

50年代の雑誌、技術書を読むと、容量性リアクタンスの文字がありました。

「入力の大小で、球内のCも動く」のは、真空管に携わる方の基本知識のようです。

オイラは実験を通じて学習しました。(入力の大小で、IFTの同調点が数回転違ってきました。)

「IFTのベストポイントを、どの入力レベルにするのか?」がスキルになりそうですね。

国産のIFTでは、経験しにくいかな、、、。

***********************************

2012/May/22 追記

094

↑465Khzに調整中。

095

↑NHK受信中。

093

IFTの型式は、 633-1

2012/Jne/9th 追加

016

↑「IFT⇔5極部の出力」は45mm(50?)

015

↑6BY6⇔6BA8は70mm

************************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/29108267

再び、 換え  そして2球スーパー鳴るを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ