Powered by Six Apart

« フォアーランド FR-702  7石 AMラジオ キット  その2 | メイン | フォアーランド FRG-2004BL FM/AM 2バンドラジオ その2 »

2012年3月 4日 (日)

フォアーランド FRG-2004BL FM/AM 2バンドラジオ

暖かくなりましたね。霜も降りなくなりました。

フォアーランド FRG-2004BL   FM/AM 2バンドラジオ」の製作を始めました。

ラジオキット価格は、3400円でした。(FR-702と一緒に購入しました)

フォアーランドさんからは、いつもフルキット品を購入しています。

(FM帯のバラキットを販売している唯一の会社です)

***************************

2012,5月にラジオ少年からkit-600が販売されました。

原稿時点では、フォアーランドさんが唯一の会社です。

***************************

「手回しダイナモ」が実装されています。

今後、ダイナモが役立つ可能性が大きいですね。

031

製造終了品だそうで、

フルキットは残り8セットで終わりのようです。(2012/Mar/1現在)

(手に入れることが出来て幸運でした)↓

ラジオ部の実装済みキットの在庫状況は、問い合わせしてみてください)

032 

FM帯は、空芯コイルです。

空芯コイルでトラッキングする「最後のキット品」だと想います

マニア向けぽいところが、オジサンには程良い感じです。↓

033 

↑空芯コイルの伸縮みで調整するのですが、

個人の力量差がはっきりする分野ですね。

ラジオカセットの製造をしていたあの頃、

おじさんよりも上手い方が居られて、、、、

その方は、386や486のPCボードの仕事にシフトしていかれました

034

ICは実装済み↓

035

「ラジオ部の実装済みキット」で購入した際は、

↓のパーツを半田付けして、基板完成になります。

036

パーツ取り付け中↓

製造日から時が経っているので、パターンに薄く酸化膜が形成されていて

「鉛フリーの半田」では、やや辛いです。

ご存知のように鉛フリー化によって、銅の比率が増えましたね。

聴感上は、「よい音に聞える」と評判の「鉛フリー」ですね。

(おじさんは、ラジオ系なので音の差がわかりません)

037

欠品なく半田したつもり↓

(これから、回路図と見比べて点検します)

038

少し休憩して、のちほど続きを始めますね。

******************************************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/28033355

フォアーランド FRG-2004BL FM/AM 2バンドラジオを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ