Powered by Six Apart

«  高1ラジオキット  3DC-STD  その4 | メイン | 真空管 2球式 レフレックスラジオ  (6JC6+6EH7) その2 »

2012年2月19日 (日)

テクノキット  HALF CUBE 2 FM/AM ラジオ

今朝は寒かったですね。菅平でマイナス29度とかで、全国ニュースになってました。

3DCーSTDは対応を思案中なので、

半田個所がすくないキットを購入しました。

学校教材を扱っているテクノキットの「HALF CUBE 2」です。

MODEL HRー080。

テクノキットさんのキットは、過去HR-200BX FM/AM ラジオキットHR-981DX  AMラジオキット 

を製作済みです。

070

組み立て資料↑が豊富です。

071

外箱↑

072

部品一覧↑ (ダイヤルシールは後で、、。)

073

↑半田つけを待つ部品達。

07

↑ラジオ部は、実装済み↓。

074

075

出来たつもり(タクトSWを逆付けしたのを、のちのち発見)

076

077

ダイヤルシールを貼る。(タクトSWの半田間違いに、ここで気づく)

078 

点灯を確認。

079

SGでBC帯の信号をいれて、波形確認。↑

バンド内、±1.5dbに収まっていました。

(トラッキングが上手く行われています)

080

FMを注入してみました。

ラジオ部は、「HR-200BX FM/AM 2バンド ラジオキット」とよく似た構成です。

耳はICラジオなので普通です。

「初めて半田コテでトライ」するのに、丁度よい感じです。

しくじっても、ラジオは鳴ります。(実装済みです)

購入層は、「小学校高学年~、、、」になりますでしょうか、、。

081

並べて見ました。

左から6TR-STD(1300円)

HALF CUBE2,そしてS66D(1000円)

デザインの差も一目瞭然です。(このデザインで、価格も考慮すると買いでしょうね)

082

LEDを点灯中。

**************************************************

TOP PAGE

コメント

ご無沙汰しております。
例のイスペットの6石スーパーは今度はバリコンが不良となり頓挫してしまいました。(外すのが面倒なだけなのですが)

テクノキットのラジオはステレオダイナモ1台とファーストダイナモ2台があるのですが個体差が激しいのか、当たり外れがあるのかステレオダイナモとファーストダイナモの1台は内部ノイズが酷く、何も受信していない時で比較すると顕著です。
残り1台のファーストダイナモは同じ状態でも静かです。

同じICを使ってると思うのですが不思議です。

HALF CUBEはどうですか?

このラジオはICラジオ相応のノイズですね。
「悪くもなく良くも無く」の表現があてはまる「普通」です。


お話の2種類は、持っていないのでコメントのしようがありません。
まずノイズ波形を見ることをお薦めします。
波形で傾向がわかると想います。

ラジオキットでググっていて、ここにたどりつきました。
最近ラジオキットにはまっていて、安いのをネットで探しては作っていたりします。(上限は2500円までとしています。)
写真にあるラジオの左のを先日作りました。1300円にしては、非常に良く鳴りますね。また、スーパーヘテロダインなのに調整済みなので作りやすいです。

KAZZさん、こんばんは。
そうですね、1300円であれだけ鳴ればOKだと想います。

TR系のラジオは安価なものもありますので、
色々と手掛けて技術を上げていってください。

ラジオキットも奥が深いですね。

測定器は残念ながら持っていないのですが、もしかしたらファーストダイナモの一台が優秀なのかもしれませんね。

やっぱりトランジスタラジオの音がいいですね。良い音という訳ではないのですが、抜けてくる感じがします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ