Powered by Six Apart

«  高1ラジオキット  3DC-STD  その2 | メイン |  高1ラジオキット  3DC-STD  その4 »

2012年2月13日 (月)

 高1ラジオキット  3DC-STD  その3

高1ラジオキット  3DC-STD  その3

「その2」でUPしたように、スポットで発振していた3DC-STDです。

(発振と呼ぶのは正しくないと想いますが、、、、)

段間コイルの同調具合を知りたくて、デップメーターで確認しました。

段間コイルの1次側(6BA6の負荷側)の固有同調周波数が1100Khz付近でした。

(片側配線なしの状態でも確認できました。2次側の同調Fは測れませんでした)

テスターで抵抗値を測ると1次側の抵抗値>2次側の抵抗値です。

線径は同じように見えるので、「1次側の巻き数>2次側の巻き数」のようです。

「降圧コイル」の理解をしました。

こういう同調コイルは、「巻き数が多い側」が支配性を持っています。

ですので、コイルのコアを回しても2次側の周波数はほとんど変わりません。

Ⅰ、実機確認と原因

①SSGで550Khzを入れると、上記のように固有同調周波数が1100Khzなので

その差分の550Khzが発生して、波形がややこしくなってました。

(再変調と呼ぶのが正しいのでしょうか、、、。)

(②段間コイルの1次側に5pFをつけると、720Khz付近でディプしました。

 計算すると、エ~と想うほどのインダクタンスです。

「コイル単体+浮遊容量」で、なるほど1100Khz付近で同調するのもわかりました。

これで、「TWO TONE波形」の原因は、判りました。

Ⅱ、解決の方策は、

段間コイルの1次側同調を「BC帯の上側にするか?」 or

「下側にするか?」の選択になりますね。(1次側が固有周波数を持たなければOKですね)

今回は、2次側のバリコンで同調コントロールしたいので、

①「1次側の巻き数<2次側の巻き数」が正しい考え方だと想います。

061

「1次側の巻き数<2次側の巻き数」でTRYしました。↑

TWO TONE 波形には成りません。(分析通りです)

062

手持ちの88コイルで、そろそろっとコアを触って同調させました。

ハニカム巻きのキットコイルを解体する勇気がありませんでした。

88コイルだと負荷としては軽すぎて、ラジオ感度がオリジナルより10dbほど落ちてます。

88コイルには、その抵抗値相当分の電圧しか印加されないので、

今回の使い方はセーフです。

上のコイル状態だと耳が悪くなったので

064

5pFを半田つけして、1次側同調を少し下げてました。

(球なしで720Khz付近のディプです)

063

この案でも、TWO TONE 状態から脱出できてます。

ただし、段間コイルの周波数は720Khz付近で固定になるので、

段間コイル用バリコンは役目を果たしていませんね。

BC帯上側の感度低下も懸念されます。

この状態で、耳UPのために、球を6BA6⇒6DK6に変えてみました。

SSGで同調周波数と同じ720Khzを入れるとSPのコーン紙が、ポコンポコンと跳ねます。

う~ん、

「ほど良いコイルを探せ」との答えでしょうか、、、、。(ハニカム巻きを解体??)

今宵はここまで、、。。 

レフレックス化するのが、ベターかなあ、、、

追記 2012/FEB/15

オリジナルの段間コイルに22PFをパラ付けして、

固有共振周波数を下げてみましたが、 感度は下がりました(当然ですね)

065

で、88コイルの復活です。↑

+B⇒チョーク⇒88コイル⇒6BA6 が,

耳が良いです。

オリジナルの段間トランスより10dbほどupしました。

ただ、チョークの固有共振周波数が780khz付近にあったので

Two tone 波形は出ます。(耳はまだ1球レフに届いていません)

①BC帯ラジオの高周波チョークに

2.5mH」や「4mH」が使われる理由も、これで判りました。

BC帯530~1650Khzの中心は1.1MHZ付近になるので、オリジナルの

段間トランスの固有共振周波数と一致しますね。

(段間トランスを設計した方の思想もわかりました)

ただBC帯に固有共振周波数があるデバイスを可変同調負荷ぽく使うのは、

なかなか苦労ですね。(色々と学んでいます)

②諸先輩の方々が、「どうやってTwo tone現象を回避したのか?」が気になります。

③Two tone現象を回避してDiで検波する方法としては、

「同調負荷をあきらめる」ことしか想いつきません。(2連バリコンが悲しみそうです)

**********************************************************:

TOP PAGE

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ