Powered by Six Apart

« 真空管 1球レフレックス ラジオ (6GH8) その3 | メイン | 鳴る 球式ラジオを並べてみた。 »

2011年11月 2日 (水)

真空管 1球レフレックス ラジオ (6GH8) その4

真空管 1球でスピーカーを鳴らそう作戦です。(6GH8)

現時点で、「6EW6+6EW6」より聞えないので思案中です。

スピーカーは、これが良い感じです。(秋月から調達しました)

音圧もあるし、明瞭度はあがります。(後日、元々のSPに戻しました)

01

低域をカットしてくれるので、

 「トランス負荷による低域持ち上げ」からは、逃げてくれてます。

電源トランスのアンペアがないので、

VRの8部ほどで、音がおかしくなります。

(2011/Nov/19追記

AF信号がループして軽く発振してました。  元々のピンアサインに難がありそうです

「もっと深いバイアスで使え」ってことでしょうか、、、。)

02

↑最終形になる予定です。

2011/NOV/3 追記↓

03

2011/Nov/22追記

①のAF回り込みは、

OUTトランスの配線引き回しを変えて、かわしました。

⇒ついでにSPは、キット付属のものにしました。

②AVR回路は、止めました。(配線は残してあります)

貴重な電流がTRに食われて、あまりよい結果がでてません。

③上記②の対応により、幾分耳がよくなりました。

今は、補助アンテナなしでNHK聞えます。

(電源トランスを「6EW6+6EW6」と同じ型式にしたら、もっとよく聞えました。

ほぼ差なしに聞えます)

2011/Nov/23追記↓回路図

34

5極部のg1の抵抗は、電界環境で決めてください。

47k⇒220kΩで、耳が良くなります。(AFのループ発振も発生しやすくなります)

強電界ですと27KΩなど小さい方が、ベターです。

当初、4倍圧検波(いまより耳3db up)も考えてましたが、g1抵抗で対応しました。

*****************************************************

TOP PAGE

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ